望まない妊娠をした場合の中絶の方法

TOP > 望まない妊娠をした場合の中絶の方法

望まない妊娠をした場合の中絶の方法

中絶とは望まない妊娠などをした場合に人工的に流産をさせる事です。その方法は妊娠の期間により、初期である11週6日までは手術で行われる事が多いです。
妊娠初期は胎児も小さく比較的簡単な手術になる為に母体の負担も少なくて済み、適した時期は妊娠6~9週目とされています。

それより前でも後でも手術は大変になります。

ですのでもし望まない妊娠が発覚した場合はなるべく早く決断をして、医療機関を訪れる事をおすすめします。

ちなみに日本には母体保護法という法律があり、中絶が可能な時期は妊娠21週6日までとなっています。



手術の方法は最近では無痛中絶という方法が主流となりつつあり、無痛の定義が医療機関ごとに異なるものの、なるべく母体に肉体的、精神的に負担をかけない様に配慮されていて、日帰りでの手術も可能となっています。



他にも妊娠中絶薬という薬を用いる方法があります。



妊娠7週目までに限り内服するもので、黄体ホルモンの動きを弱めることで妊娠状態を継続出来ないようにし、子宮収縮剤との併用で子宮の状態を悪化させ強制的に胎児が育てない状態にするもので中絶成功率は9割近いと言われていますが、日本では法律で使用が禁止されています。


個人輸入で入手する事も出来ますが日本では医師の診断無しに勝手に堕胎する事は堕胎罪という罪になります。それ以上に強い副作用や中国製などの粗悪品などの大きなリスクがありますので使用は絶対に止めましょう。


Copyright (C) 2016 望まない妊娠をした場合の中絶の方法 All Rights Reserved.